WEBサイトコンテンツの編集について

概要

本稿では, WEB管理インターフェースを通じた本WEBサイトの管理について, 一通りの基本的な情報と留意点について述べます.

オンラインでのWEBサイト管理の基本

WordPress

本WEBサイトは, WordPressというCMS(Contents Management System)によって管理されています. WordPressはオンラインでのWEBサイトの管理を効率良く行うための機能を提供するシステムで, 以下の様な利点を持ちます.

  • WEB上で複数の方法でのコンテンツ編集が可能
    • Visualエディタ, HTMLエディタという2種類の連動型エディタにより大雑把なコンテンツの作成も細かい調整も両方可能です.
    • HTMLより単純で, ほぼ同等の表現力を持つWiki記法での入力も可能です.
  • WEB上で複数のユーザによるWEBサイトの管理が可能
    • 管理者, 編集者, 購読者 等の権限を細かく設定し, 各権限に応じたコンテンツの作成・閲覧が可能です.
  • WEB上でシステムの拡張・更新に関する様々な操作が可能
    • システムの全自動アップデート, CSSの編集, Pluginやテーマ(デザインテンプレート) の検索・導入等が可能です.
  • バックアップ・リストアが容易
    • WEB上の管理画面から全サイトコンテンツのバックアップ・リストアが可能です.
    • システムそのものがLAMP (Linux-Apache-MySQL-PHP) 構成と単純で, WordPressの実体が特定のディレクトリに固まっているので簡単に移動できます.
  • 普及度が高い

管理画面への行き方

PRIVATEページの下のほうにある「管理画面」のリンクから, WEBサイトの管理・編集ページ(ダッシュボード)に移動できます.
WEBサイト管理に関する各種操作は, 全てこのダッシュボードより行います.

「投稿」と「ページ」

基本的なWEBサイトコンテンツの管理方法として, WordPressは「投稿」と「ページ」という2種類のコンテンツ操作をサポートしています.

「投稿」は, blogに見られるような頻繁に更新される, 動的なコンテンツの作成に向いています. 「投稿」により作成されたコンテンツは, コメントを付けたり, タグや投稿日時による分類などが行えるため, 後から検索することも容易です.

それに対して「ページ」は, 従来の個人用WEBサイトに見られるような, 静的なコンテンツの作成に向いています. 「ページ」により作成されたコンテンツは, 通常のWEBサイト同様, 階層関係を構成することが可能です. 構成された階層関係は, サイト上部に表示されるWEBサイトナビゲーションに自動的に追加され, 各ページを辿る事を可能にします.

なお, 投稿・ページともに編集の手順・記法は殆ど同じです.
そのため, 片方の操作を覚えたらすぐにもう一方の操作にも応用できますので, ぜひ色々試してみてください.

PRIVATEコンテンツの管理に関する注意

PRIVATEページは, 非公開情報へのリンクを格納するページであり, アクセス権限の設定により保護されています. そこで, PRIVATEページに含まれるコンテンツの作成・編集は, すべて「投稿」によって行ってください. これは, 研究室内情報の操作によりコンテンツが動的に変わり得るため, また外部に情報を公開しないようにするには「ページ」の機能では不十分であるとの理由からです.

外部に公開するコンテンツの作成・編集は「ページ」で行ってください.
PRIVATEコンテンツの作成・編集は「投稿」で行ってください.

「投稿」コンテンツの管理

PRIVATEコンテンツの作成・編集は「投稿」で行います.
管理画面に移ったら, 左側のリストから 投稿 > 新規追加 のリンクを選択します. すると, 編集画面に移動します.

タイトルの編集とURLの自動生成

タイトルを編集すると, そのタイトルにあわせてURL(パーマリンク)が自動生成されます. タイトルに日本語が含まれる場合, URLの日本語文字コードがエスケープされる(%がいっぱい入り混じった状態になる) ので適宜英語文字列で編集してください. PRIVATEページからリンクを張ったり, 他の投稿からリンクを張る場合は,

URLがhttp://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/20100910/hoge/ であった場合
<a href="/2010/hoge/">リンク例</a>

のように, /日付/記事名/ でURLを指定してください.

ただし, 後述するwiki記法でリンクを作成する場合, この方法はうまく動作しないため, できるだけ<a href=""></a>タグでリンクを作成すると良いでしょう.

編集

編集は, ビジュアルエディタによるWordのような操作でHTMLを直接編集せずにコンテンツを編集する方法と, HTMLを直接編集する2種類の方法が用意されています. ビジュアルエディタ, HTML編集の切り替えは投稿本文の編集エリア上部右側にある「ビジュアル」「HTML」と記されたタブの切り替えで行えます.

各編集モードでは, 編集エリアの上部に編集支援ボタンが配置されていますので, 適宜利用してください.

公開・更新・プレビュー

作成したコンテンツは, 編集エリアの右側にある「公開」のリストで公開 / 更新, 変更のプレビューの各種操作が行えます. 公開ステータスや公開状態を変更することで, コンテンツを非公開にしたりパスワードによるアクセス制限をかけることが出来ます.

下書き・自動保存・リビジョン

うっかり編集内容を消してしまったり, 誤って編集中に別のページに飛んでしまっても大丈夫!
Wordpressは定期的に編集内容の自動保存を行っており, さらに各種変更内容のバージョン(リビジョン)を保持しています. 必要に応じて各保存場所から編集内容を取得し, 編集の続きを行ってください.

なお, 下書き・自動保存の編集内容へのリンクは管理画面左のリストにある「投稿」に, 各リビジョンの編集内容へのリンクは編集画面の一番下にあります.

「ページ」コンテンツの管理

外部に公開するコンテンツの作成・編集は「ページ」で行います.
管理画面に移ったら, 左側のリストから ページ > 新規追加 のリンクを選択します. すると, 編集画面に移動します.

編集

編集の仕方は基本的には「投稿」と一緒ですが, 「ページ」はデフォルトのページテンプレートのスタイルを指定したり, 親ページの指定を行うなど「投稿」には無かった「ページ属性」の項目があり, この項目の指定方法を誤ると本来外部から隠しておくべき内容へのリンクとなりうるため, 編集の際には十分な注意が必要です.

ページ属性の指定

作成したコンテンツは, 編集エリア右側にある「ページ属性」のリストを操作することで各種属性の指定ができます. 「ページ属性」には, 「親」, 「ページテンプレート」, 「順序」の3つがあり, それぞれ編集中のページの階層関係の指定やサイドバー・コメントエリアの有無, 自動で生成されるWEBサイトナビゲーションでの表示順序を指定することが出来ます.

なお, 作成した公開ページは全て自動で生成されるWEBサイトのナビゲーションに登録されるようになっています. そのため, PRIVATEの下にはサブページを設けないようにし, PRIVATEページのリンク一覧に「投稿」で作成したコンテンツからリンクを張って下さい. また, ページテンプレートにおけるサイドバーの機能は, PRIVATEの「投稿」で作成したコンテンツへのナビゲーションとなってしまうため表示させないようにするオプション(「No side,No comment」または「No sidebar」)を指定してください.

参考リンク

本稿では, 一通りの簡単なWEBサイトの管理とその留意点について述べてきました. より基本的な管理方法で不明な点については, 各メニューでダッシュボードの上部右側に日本語のヘルプが用意されているためそちらをご覧下さい.
また, より詳細な情報については, 下記のWordpressが公式にサポートするWEBサイトの情報が詳しいです. 必要に応じて, 参照してください.

コメント 停止中